B
B
E
E
O
O

海外留学で英語会話力を伸ばす成功ポイント

英語圏の国といっても国によってさまざまななまりや、発音の違いがあります。しかし、英語圏におけるなまりは田舎や都会などを表すものではなく、生まれた 国や地域などによって異なるもので日本のなまりとは少し認識が異なります。
そのため国による発音の違いやなまりよりも、何を学ぶために海外留学をするのかという目的意識を持って留学先を選ぶことが大切です。
また、留学先で日本人がいるとつい日本語を使ってしまってしまいがちなので、日本人同士で集まる場合は英語を使うなどのルールを決め、英会話力を高めるよ うにしましょう。

標準の英語を使う国に留学する

英語圏の国において、英語の発音やアクセントなどの違いは国や地域の差によるもので、どの国の英語が標準であるといったものはありません。とはいえ教材で使用する発音やテレビのアナウンサーの発音などには、国によって基準を設けている場合があります。代表的な例では、イギリスRPの(Received Pronunciation)やアメリカのGAE(General American English)が挙げられます。
アメリカ英語では”R”を少しオーバーに発音する一方、イギリス英語では”R”を少し弱めて発音するなど、それぞれの国によって標準的な発音は異なります。
英語の発音も留学先を決める一つになるかもしれませんが、将来住みたい国や仕事をしたい国、どの国の文化を学びたいのかなどによって自分の標準とする英語を決めると良いでしょう。

留学期間中、できるだけ日本語を使わない

留学期間中、できるだけ日本語を使わないように気を付けていても、同じ国の人同士で集まってしまうこともあります。これは海外で情報を交換したり、モチ ベーションを高めたりするために良いことなのですが、やはり日本語で話してしまっては、語学留学の意味がありません。
そういったときは、海外からの留学生 たちも交えることで、日本語に頼ることなく英語を話すよう気を付けることができます。留学中に英会話力が上達するためには、英語で会話をする機会を上手に 作れることもポイントの一つです。
ほかにも一人でいるときに、普段日本語で考えていることを、英語で考えるようにするのも英語上達には効果的です。生活の 中の小さな行動に対しても英語で考え、わからない表現や単語はその場で調べるようにしましょう。このように思考を英語で行うようにすると、ボキャブラリー を増やすことにもつながります。

Tag :