B
B
E
E
O
O

【クイーンズランド工科大学(オーストラリア)視察2015】

第9回 : “Job Ready” ~University of Real World~

2015年7月15日 (水)
みなさん、こんにちは♪ いよいよ最終回のクイーンズランド工科大学 QUT出張レポート。最後に、実際現地を訪れてあらためて知ったQUTの魅力、周辺の魅力をずらりとまとめてみました。

Queensland University of Technology (QUT)の魅力的なポイント

理論と実践が実にいいグッドバランスである。
施設が新しくきれい&ワールドクラスの充実した設備である。
設備投資が惜しみなくされている。(莫大な費用をかけている)
そんな充実した環境で、セオリーだけでなくリアルな実践知識とスキルを身に付ける事ができる。
なので、セオリーをその実践トレーニングで咀嚼する事ができる。
科目の掛け合わせがフレキシブルなので、独自のキャリアデザインができる。
それとは別に、Double Degree も充実している。可能性は無限大である。
また、国内と国外でインターシップもできて、尚且つそれが単位認定となる。
誰でも知っているようなグローバル企業とのコネクションにより、そうした企業へのField trip や Work placement(企業派遣) も経験できる。
そんなこんなで、卒業する時には “Job Ready!” の状態になっている。
最終学年になったら “Career Mentor Scheme” 制度があるので、実際の企業人に相談役・指導者になってもらえる。
なおかつ、キャリアプランニングの為のオリエンテーションや、リクルーティングプロセスに向けての7つのワークショップなど、留学生向けの“Employment Preparation Program (就職準備プログラム)”も充実している。つまり、キャリアサポートが完璧である。
こんなに充実しているのに、授業料が他のオーストラリアの大学に比べると比較的安い。
教授陣も、Award受賞者や現役の業界人が教えているので、質も高く、産業界のリアルな動向も学べる。
そういう訳で、Teaching の質、カリキュラムの質が高いので、世界評価の認定も受けている。
何と言っても、各産業界とのコネクションが強い。
だからこそ、ワールドワイドに有名どころの企業でのインターンシップも実現できる。
なぜQUTが就職率が高いか、経営者の信頼を得ているのか、その訳がよくわかった。

実際、QUTは “事業主が選ぶ Good University TOP 100” に入っている。

実際、90%近い学生が3ヶ月以内には就職を果たしている。
勿論、その中にはグローバルに活躍している卒業生がいっぱいいる。
留学したいけど、その後の就職が不安で、、と躊躇している方には、ぜひ!QUTに行ってほしいと思った。
QUTで学んだ後は、必ず何かしら次の新しい可能性が待っていますよ、と自信を持ってお勧めできると思った。
勿論、大学スタッフ、教授ともにフレンドリーでサポーティブである。
ノリがよい。おそらくナーバスになる心配はない。
設備がとにかく綺麗かつモダン。お手洗いに至るまで、どこも清潔感に溢れている。
キャンパス内で売られているケーキがやたらおいしかった。ハンバーガー&ポテトも。
街の中心地からも近く、キャンパス周辺はGreenも多い。集中して落ち着いて勉強できる環境である。
勿論、ショッピングエリアへは徒歩10分かからないくらいなので、買い物もバイトも便利である。
物価は安くはないが、バイトの時給は最低でも約1700円である。
キャンパス内、その周辺はとにかく、「Comfortable and Relax」 という言葉がぴったり。これはエージェントのみなさん万丈一致。思わず、私達各国のエージェントもはしゃいでしまった。
そんな環境や大学のフレンドリーさがあいまってか、私達エージェントスタッフも、たった5日間の研修でとても仲良くなった。

きっと、留学したらこんな楽しい留学ライフが待っている。

それからブリスベンの街はゴミ一つなく、綺麗で道も広く、まるで丸の内みたいだった。
キャンパスが広い川と緑に囲まれているので、開放感があって気持ちよく、周辺のレストランも、とってもお洒落だった。
ごちゃごちゃした都会ではなく爽やかな都会感を感じつつ、自然も身近にあってどちらも楽しめる。
海や川、コアラだって身近である。クイーンズランド州だからこそできるコアラ抱っこもできるから、動物好き、自然好きにはたまらない。
海や川が近いので、マリンスポーツも楽しめる。川ではボートも楽しめる。
そんなオーストラリア、なおかつブリスベンならではのアクティビティを利用して、勉強以外の部分でも楽しい事がいっぱい待っている。
そうした楽しい事を盛りだくさん利用した、スチューデントサービスも充実している。
とにかく、スタッフやサポート体制はフレンドリーでホスピタリティに溢れている。それは、エージェントとして訪れて、大学のみなさんのホスピタリティ溢れるお・も・て・な・しを感じたからこそ言える事である。
以上が、私が5日間の研修で感じた、QUTとまたその環境の魅力であります。
ぜひ、え、オーストラリア?イメージ湧かない、とかおっしゃっている皆様にもお勧めしたい!
可能性を広げる為には最初から何事も決めつけず、視野は広く持つべきであります。はい。

ショッピングエリアの様子

それでは、最後にまた、今度はブリスベンのショッピングエリアの様子をお届けします。
qut_trip2015_197
キャンパスから歩いて10分もかからないショッピングエリア。
外国って、夜はわりと早くお店閉まっちゃうんですよね。ヨーロッパも夕方17時半くらいにはもうシャッター閉められて、、、あれ、なんか夜はさびしい、、、て感じで。
ブリスベンは通常でももうちょっとだけ長く空いてたかな、18時くらい^^;
しかし、毎週金曜は夜21時まで空いていて賑わってました♪これはちょうど道のクロスロードになってるとこ。
qut_trip2015_198
彼らは学生かな~(QUTの学生だったらいいな~)。ちょうど上のクロスロードのところで歌ってました♪
マイケルジャクソンの“Man in the Mirror”をハモッてて、上手かった!こういうグループはよく見かけるが、おせじじゃなく本当に上手かった♪
qut_trip2015_199 qut_trip2015_200 qut_trip2015_201
外国のお店ってたまに、綺麗なんだけどどっか汚れてる~、だったりゴミが落ちてる~とかありますが、ショッピングエリアの店内はとても綺麗でクリーンでした。いわゆる日本のデパートと変わらないクオリティ。安心してお買い物できると思います。
qut_trip2015_202 qut_trip2015_203
ショッピングエリアで目をひいた私好みのレストラン&バー。開放的~♪ 一応、秋ですがこのようにオープンな感じ。夜もまだ肌寒い訳でなくちょうど気持ち良かった。ギター持って弾き語りしている人など楽しい雰囲気でしたよ♪
qut_trip2015_204 qut_trip2015_205
昼間のSouthbank。川沿いはまた気持ちいい。
qut_trip2015_206
それから、研修の一貫(?)として行ったコアラツアー。遠足気分であります。これは道中。ちゃんと一週間のスケジュールの中に組まれており、これもブリスベンの魅力を知る大事なプログラムの一つです。(AUSらしい)
qut_trip2015_207
動物園の方が迎えに来て下さったのですが、運転手さんがまた面白くて良い方で、途中でブリスベンが一望できる見晴しの良い所へ寄って下さいました。
qut_trip2015_208 qut_trip2015_209
ブリスベンの街並み。はぁ~、空気がおいしい。
qut_trip2015_210
みなさん、この一週間でとっても仲良くなりました♪
言葉の壁を乗り越えればみなさんもきっと世界が広がります♪
qut_trip2015_211 qut_trip2015_212
わ~い、着いた♪ここもまたワイルドな自然がいっぱい!
qut_trip2015_213
いた~、コアラ!ちょ~かわいい!
qut_trip2015_214
コアラは1日20時間位だったかな、寝てるそうです。エネルギー温存の為だとか。
先程の面白い運転手さん曰く、「寝てる時以外は、食べてるか写真撮ってるか」だそうです。
qut_trip2015_215
コアラ抱っこってクイーンズランド州しかできないんですって!
qut_trip2015_216
それから、カンガルーもオーストラリアの象徴ですね。
qut_trip2015_217 qut_trip2015_218
動物好きにはたまりません。油断してるとこんな目に。
qut_trip2015_219
マッチョな彼と一枚。
qut_trip2015_220
ごめんなさい、もう一枚。それにしてもかわいすぎる。
qut_trip2015_221 qut_trip2015_222
この“Lone Pine KOALA Sanctuary”は、動物園といっても自然をそのまま活かし、動物たちがナチュラルな環境でいられるように作られています。
qut_trip2015_223
いかがでしたでしょうか。以上、全9回にわたってお届けしてきたQUT出張レポート。
ぜひ、魅力満載のオーストラリア、ブリスベン、そしてQUTへみなさんも留学してください!
勉強も楽しいことも、世界がぐ~~~んと広がること間違いなしです!
それでは、次回は番外編、魅惑のオーストラリア!と題して、私が今回、ブリスベン以外にも訪れた、オーストラリアの見どころ、オーストラリアならではの魅力をた~っぷりとご案内していきたいと思います♪
どうぞお楽しみに~~~♪

Tag :