アカデミックイングリッシュ for IELTS

合格を目指す!IELTS対策を含む 海外大学出願対策コース

“早期出願”で”無条件合格”を目指す!

このコースは、2021年の大学・大学院留学を予定している方が、留学実現に向けて着実に準備を進めるための、英語講座や個別指導が含まれたパッケージです。週2回(木曜日の夜・日曜日の昼間)の通学で24週間のコースです。社会人の方もお仕事と並行して英語対策、出願準備を進めることができます。

合否を分ける重要な書類「志望動機書」

書類審査が中心の海外の入学審査において、志望動機書(パーソナル・ステートメント Personal Statement)は合否を分ける重要な書類のひとつです。この出願対策パッケージには、志望動機書の作成指導と、添削3回が含まれます。英語ネイティブ講師による書き方を学ぶ授業の後、添削を受けることで、合格しやすい志望動機書を完成させることができます。

留学実現の壁、目標英語スコアを早期にクリア

残念ながら留学時期の先送りや留学を断念する方の理由として多いのが、入学条件となる英語スコアを達成できないことです。この出願対策パッケージには、IELTS対策の授業とIELTS オンライン模擬試験3回が含まれています。IELTSを熟知した講師による対策指導と、本番を想定した模擬テストで効率的なスコアアップを目指します。

自イギリスやオーストラリアの大学・大学院では、先着順で入学審査が始まり、順次合格通知を出していきます(ローリング審査)。つまり、ライバルの少ない内に出願すれば、それだけ合格しやすくなります。願書の受付は、入学前年の11月頃から始まります。

イギリスやオーストラリアの大学・大学院では、出願時に英語力の条件を満たしていない場合でも、その他の書類で入学審査を通れば「条件付き合格」が出されます。その場合、入学までに既定の英語スコアをクリアしなければなりません。対して「無条件合格」とは、出願の時点で英語力の条件も満たしており、その名のとおり、条件のない合格通知です。

beo アカデミックイングリッシュ for IELTS

  • IELTS 5.0程度の英語力があり、海外の大学・大学院への進学を希望。
  • 2020年留学を目指したいけれど、IELTSスコアが達成できるか不安。
  • IELTS対策ばかりに時間が取られて、アカデミック・スキルが身に付いているか分からない。
  • 留学実現に向けて、どの英語コースを受講すれば良いのか分からない、迷っている。
  • 一定期間、きちんと英語学習する時間を確実に確保して留学に備えたい。

東京・大阪

beo アカデミックイングリッシュ for IELTS
開講期間 7月5日~11月12日 計19週 ※途中入校可 授業料等別途相談
受講の目安 IELTS 5.0相当の英語力
学費

詳しくはお問い合わせください。

★ おトクなキャンペーン実施中!
6月28日までにお申込み完了の場合、授業料10%オフ

アカデミックイングリッシュ for IELTSについてのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ