B
B
E
E
O
O

[連載] 英語フレーズ 第15回 "Eat (boiled) crow"

みなさんこんにちわ!海外映画やTVドラマ、英字新聞やニュースなど、英語を学んでいく中で出会った素敵な英語フレーズを紹介する「知らないと絶対わからない!ネイティブの英語フレーズ」
第15回目のフレーズは…
「Eat crow」です!
直訳すると「カラスを食べる」となりますが、このフレーズには一体どんな意味があるのでしょうか。
早速、一連の会話から見ていきましょう!
今回はRobinとNickが前日の夜に観たサッカー中継の話をしています。
********************
Robin: It was a terrible game, wasn’t it?
Nick: Yes, it was. I still cannot believe our team lost.
Robin: I think the head coach should have changed the formation earlier as it was obvious that the team it was not working well.
Nick: I couldn’t agree with you more. Did you hear what he said after the match?
Robin: Yes. He, as always, made lame excuses, complained the judges, and never said it was his fault.
Nick: I have never seen him eat crow when he loses.
********************

RobinとNickは敗戦後に言い訳ばかりするチームの監督に腹を立てて、「I have never seen he eat crow when he loses」と言っていますね。
実は
「Eat crow」には「過ちを認める、屈辱を味わう」
といった意味があるのです。負けを素直に認めない監督に対して「自分の過ちを認めたとこを見たことがない」とNickは言っていたのですね。
一説によれば、このフレーズの語源は1812年の米英戦争時に遡ります。食べられないほど不味いと言われているカラスの肉。その肉を敵兵に食べさせられ、屈辱を味わった兵士の経験から生まれた表現だと言われています。
Oxford Advanced Learner’s Dictionaryには以下のよう書かれています。
“To say and show that you are sorry for a mistake that you made”
それではもう一度、先ほどの会話を和訳付きで確認してみましょう!

********************
Robin: It was a terrible game, wasn’t it?
(昨日の試合はひどかったな。)
Nick: Yes, it was. I still cannot believe our team lost.
(そうだね。負けたことが未だに信じられないよ)
Robin: I think the head coach should have changed the formation earlier as it was obvious that the team was not working well.
(監督がもっと早くフォーメーションを変えるべきだったと思うんだよね。チームはまったく機能していなかったし。)
Nick: I couldn’t agree with you more. Did you hear what he said after the match?
(まったく同感だね。試合後の発言聞いたかい?)
Robin: Yes. He, as always, made lame excuses, complained the judges, and never said it was his fault.
(ああ。いつも通りしょうもない言い訳をして、審判を批判して、自分の責任だとは一言も言わなかったね。)
Nick: I have never seen him eat crow when he loses.
(あの監督が自分の過ちを認めたところを見たことがないよ)
********************

他にも「eat humble pie」という表現も、まったく同じ意味で良く使われています。両方とも覚えて、ぜひぜひ使って見てください。過ちを素直に認められる人間になりたいですね。
それではまた次回! See you next time!

Tag :