B
B
E
E
O
O

[連載] 英語フレーズ 第3回 "Knock someone’s socks off"

みなさんこんにちわ!海外映画やTVドラマ、英字新聞やニュースなど、英語を学んでいく中で出会った素敵な英語フレーズを紹介する「知らないと絶対わからない!ネイティブの英語フレーズ」
第3回目のフレーズは…
「Knock someone’s socks off」です!
「Knock off」には「~を止める」という意味があるので、直訳すると「誰かの靴下を止める」うーん。これでは意味が分かりませんね。一体どんな場面で使うのでしょうか?
まずは、一連の会話を見てみましょう。
********************
Jack: Hi, Helen. Are you free on Sunday?
Helen: Yes. Why?
Jack: Mike will throw a birthday party for Emily, and he said everyone is welcome, so I thought you might want to come.
Helen: Sounds fun! Should I Bring a gift to the party?
Jack: Mike said we don’t have to, but I’m planning to make her a birthday cake.
Helen: Really? Can you cook?
Jack: I can! In fact, I’m rather good at cooking. I’m sure my cake will knock your socks off!
Helen: Okay. I look forward to it.
********************

なんとなく分かりましたか?
「Knock someone’s socks off」には「びっくりさせる、仰天させる」
といった意味で使われます。
このフレーズは、元々は「相手を倒す、やっつける」といった意味で使われていました。靴下が脱げるくらいコテンパンにやっつけてしまうイメージでしょうか(笑)。それが、時代の流れの中でポジティブな意味で使われるようになり、今では「驚かす、仰天させる、感激させる」といった意味で使われています。
なるほど!
Oxford Advanced Learner’s Dictionaryには以下のよう書かれています。
“To surprise or impress somebody very much.”
それではもう一度、先ほどの会話を和訳付きで確認してみましょう!

********************
Jack: Hi, Helen. Are you free on Sunday?
(ヘレン、日曜空いている?)
Helen: Yes. Why?
(空いているよ。どうして)
Jack: Mike will throw a birthday party for Emily, and he said everyone is welcome, so I thought you might want to come.
(マイクがエミリーの誕生日会を開くんだけど、誰でも参加可能らしいんだ。だから君も来ないかなと思って。)
Helen: Sounds fun! Should I Bring a gift to the party?
(いいね。 何かプレゼントは持って行った方がいい?)
Jack: Mike said we don’t have to, but I’m planning to make her a birthday cake.
(マイクは必要ないって言っていたけど。僕はケーキを作っていこうと思ってる。)
Helen: Really? Can you cook?
(え? ケーキなんてつくれるの?)
Jack: I can! In fact, I’m rather good at cooking. I’m sure it will knock your socks off!
(もちろんさ。実は料理が得意なんだ。美味くてびっくりすると思うよ)
Helen: Okay. I look forward to it.
(楽しみにしとくわ)
********************

2015年9月、南アフリカ・ラグビーW杯で日本代表が南アフリカに劇的勝利を収めた瞬間、世界中に衝撃が走りました。過小評価されていた日本代表が人々の度肝を抜いたのです。そんな時こそ、”Japanese rugby team knocked people’s socks off” なんて表現がぴったりです。
リズムも良くて、覚えやすいフレーズなのでぜひぜひ使ってみて下さい☆
それではまた次回! See you next time!

Tag :