B
B
E
E
O
O

日本最大級の留学イベント「第22回大学・大学院留学フェア」 初のオンライン開催 英語圏から約60校集う バーチャルブースで海外大学担当官に直接相談

<報道関係者各位>

BEO株式会社
2020年8月28日

英語圏への留学支援を手がけるBEO株式会社(本社=東京都新宿区、デイビッド・ジョーンズ代表取締役、以下beo)は、イギリスやオーストラリアなど海外から約60校の大学や進学準備校が参加し、留学について直接相談できる「オンライン大学・大学院留学フェア」を10月17日(土)~18日(日)に開催いたします。参加費は無料です。海外大学で学位を取得しグローバルキャリアを目指す方向けに、オンラインで情報収集ができる場を提供し、留学の実現をサポートします。本フェアはbeoが毎年開催する国内最大級の留学イベントで、今回は新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、初めてオンラインで開催します。オンラインでの利便性を活かし、どこからでも気軽に参加することができます。

8月28日に特設サイトで予約受付開始

beoでは本日、8月28日(金)より、イベントの流れや参加校などの詳細情報をまとめた「大学・大学院留学フェア」の特設サイトにて参加予約の受付を開始しました。フェアでは、大学の現地スタッフにコースや奨学金、入学条件などについて直接相談できるほか、基礎情報を伝える留学セミナーに参加することもできます。beo留学カウンセラーに相談できるブースも設定、留学の実現に必要なすべての情報を1日で集められます。オンライン開催とはいえ、対面で話せるバーチャルブースでは、チャットや学校の動画視聴なども可能、一か所で多くの学校の情報を集められるイベントの良さにデジタルの利便性を加えて、さらに多くの方に活用していただけます。

英・豪・米などからトップ校が参加、進学準備校やビジネススクールも

「第22回大学・大学院留学フェア」の参加校はマンチェスター大学やリーズ大学、ブラッドフォード大学、イーストアングリア大学、ランカスター大学などイギリスの名門校に加え、オーストラリアのメルボルン大学やクイーンズランド大学、アメリカのアリゾナ州立大学(ASU)など、英語圏トップ級の大学が集います。さらに、進学準備コースを提供するカプラン・インターナショナル・パスウェイズやINTOセンターのほか、ビジネスやホスピタリティに特化した学校も参加し、留学準備やビジネス留学などについて相談が可能です。
beoではコロナ収束後に向け、高い「グローバル力」を身につけられる学位取得留学のニーズが高まるとみて、イベント開催や留学カウンセリングを通じて、一人ひとりの留学を実現させるための支援に力を入れています。

イベント概要

「第22回大学・大学院留学フェア」
2020年10月17日(土)~18日(日)
開催時間:15:00~21:00
開催場所:オンライン
留学対象国:イギリス、オーストラリア、アメリカ、アイルランド、ニュージーランド、カナダ、スイス
詳細:特設サイト
参加費は無料/入退場自由

beoについて

2000年、ブリティッシュ・エデュケーション・オフィスとして日本で初のイギリス正規留学無料サポート機関として事業を開始。マンチェスター大学などイギリス大学の日本での正規出願窓口として留学サポートを提供。事業をオーストラリアや米国など全世界の教育機関に広げ、2008年に社名をBEO株式会社に変更しました。カウンセリングや出願代行などの留学サポートのほか、留学イベントやセミナーを開催。海外の大学・大学院留学に必要な英語力を身につけるための英語学校事業も展開しています。2019年は福岡オフィスを開設し、日本で唯一NCUK(英国大学連盟)に正式に認定された大学進学準備コースを開講。全ての方が適切な教育を選択し、夢を実現できる環境創出に尽力しています。会社概要はこちら

本件に関するお問い合わせ先
BEO株式会社
広報担当 ゼンフ・ミシャ 野呂淳子(のろ じゅんこ)
TEL:03-5367-3315 FAX:03-5367-3316
Mail:info@beo.jp

<留学企画等の取材協力・情報提供について>
留学経験者の取材、大学生・社会人の留学に関する取材、情報提供等にご協力します。
留学に関する企画がございましたら是非ご一報ください。