B
B
E
E
O
O

【クイーンズランド工科大学(オーストラリア)視察2015】

第4回 : オーストラリアで最大のLaw school

2015年7月1日 (水)
みなさん、こんにちは。前回に続いて今回は、Faculty of Law(法学部)のご紹介です。
日頃、弁護士さんのご相談も多く頂いておりますが、そういえばオーストラリアで法学を学びたい、というご相談はまだ受けた事がありません。しかし、QUTの当コースはオーストラリアで最大のLaw school。法学というとセオリー中心になりそうですが、ここは実際の法廷を再現した部屋があり、裁判の流れを体験的に学ぶ事ができます。また、この学部には珍しく、Placement Program(学生派遣制度)もあるので、実務を経験して学ぶ事もできます。ですから、これから弁護士を目指そうとしている方やご経験値がまだ浅い方にはお勧めかと思います。
他分野との掛け合わせができるダブル・ディグリー Double Degree では、一見、法学とは関係ないような分野との掛け合わせもできるので、これもまたかなりの選択肢からフレキシブルに選ぶ事ができ、魅力の一つとなっています。

クイーンズランド工科大学(QUT)法学部 Faculty of Law

QUT ロースクールの特徴 ~オーストラリア最大規模~
コースは、School of Law とSchool of Justiceの大きく二つのコースから成り立っており、いわゆる弁護士系を目指す方は、前者、犯罪学者や警察など目指す方は後者です。しかし、前者に行って警察になる方もいますし、後者へ行って外交官になったりと、卒業後の進路は幅広くあります。つまり、必ずしも弁護士になる方の為だけの学部ではありませんので、その後の進路がどういうのがあるのか、コース情報を探ってみるといいと思いますよ。
「“Double Degree”も魅力」と前述しましたが、上記のような分野と掛け合わせが可能です。卒業後の進路は自分次第で可能性が広がると思います。とくに人気なのは、やはりビジネスコースとの組み合わせ。
qut_trip2015_62 qut_trip2015_63
これが法廷を再現した部屋です。ここで実際の裁判の流れや討論の仕方を実践的に学ぶ事ができます。つまり、セオリーをここで咀嚼します。ですから、法廷で議論する為の自信やスキルを身に付ける事ができる訳です。(これは、私達の研修の為に、アリスの不思議な国をモチーフとして、アリスがGuilty かNon-Guiltyかを一つの裁判の流れでやったものです。アリスを持ってくるところがユーモアがあってオーストラリアらしい。エージェントのみなさんがそれぞれ好きな役をやったのですが、それがまた適材適所でした!(笑) 左手前がアリス、右はハートの女王。

Graduate Diploma in Legal Practice

クイーンズランドでは、弁護士になる為に、実践的なリーガルトレーニングを受ける必要がある為、QUTでは、ブリスベンの大学で唯一、それを補う為の Graduate Diploma in Legal Practice コースを開講しています。これを受けないと、そもそも弁護士になる為の試験を受ける資格がない為、これは有難いコースです。
日本で法学部を出ている方は、いきなりこのコースの受講もできます。しかし、まず専門機関の審査があって、場合によっては足りない単位をとる必要がありますが、ちゃんとそれはアドバイスもらえますし、足りない単位とのパッケージ・オファーも可能です。なお、留学生でも実際にオーストラリアで弁護士なった学生がいるか聞いたところ、いるそうです。
また、修士課程では、法学卒以外の方向けのコース“Master of Applied Law”もあります。(しかし、IELTSスコアは高い英語力を求められます)Graduate Certificate コースも、法学部卒にかかわらず受講可能です。法学部卒でなくとも、法関係でお仕事している方などにお勧めです。
qut_trip2015_65
Crime Club=実際に証拠を集めたり、聞き込みをして犯罪を解き明かすという取り組み。
これは、ちゃんとスキルが身についているかテストする為の機会だそうです。これによって知識やスキルを確認し、業界とのコネクションにも役立つものとなっています。この取り組みで、QUTは見事Win! したそうで、賞金$1000.00を獲得したそうです。すごい!
qut_trip2015_66 qut_trip2015_67
豊富な資料!施設もきれいです。
qut_trip2015_68
意外と知られていない、オーストラリアの法学事情、いかがでしたでしょうか?
実践的なスキルも身に付けることができる事を考えると、イギリスやアメリカだけでなく、QUTで学ぶ事を視野に入れてもいいのでは!
それでは次回は、Science Engineering(理工学部)、とその前に、ちょっとブレイクを入れて、美しいキャンパス周辺について触れていきたいと思います!どうぞお楽しみに♪

学校紹介

クイーンズランド工科大学
非常に研究の進んでいる大学でレベルの高い大学。ブリスベン、クイーンズランドに校舎を持つ。45,000人ほどの学生のうち、約6000人が留学生です。

Tag :