B
B
E
E
O
O

<ウェビナー>Kaplan×beo チャリティーイベント~インドの危機に私たちができること~

チャリティーイベント概要

日程:2021.06.09(水) 18:30-19:30
場所:オンライン開催
対象者:

  • 国際的な支援活動の内容/チャリティ活動/イギリスの第3セクターの活動にご興味のある方
  • 国際関係学や開発学の分野にご興味のある方(どんな分野なのか知ってみたい、この分野でキャリアを積んでいる・キャリア構築を希望する方など)
  • 新型コロナコロナウイルス感染症の被害解決のために何かしたいと思っている方 など
  • *本イベントは、どなたでもご参加いただけます。学生、社会人、教育関係者の方など、ぜひご参加ください。
    *本イベントは英語で行われます。
    *オンラインでご自宅などどこからでもご参加いただけます。
    *イベント参加者へは、後日、国際開発、国際協力、公衆衛生の分野におけるキャリアについての資料をお送りします。

    イベント内容

    • インドの状況…国民の生活は?(経済、仕事、メンタルヘルス、貧困格差など)/国全体への影響/半年後の予測/国際援助の必要性
    • チャリティ活動の内容とは?私たちが支援できること…寄付以外にできる支援はなんなのか
    • 国際チャリティ団体 『BAPS Charities(バップスチャリティズ)』によるインドへの支援活動
    • 国際支援活動への道/活躍できる人材を目指して

    現在、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(Covid-19)。
    日本でもワクチンの接種が始まりましたが、発展途上国では厳しい現実が続いています。とりわけ、連日ニュースなどで取り上げられることが多くなったインドでは、感染爆発により国民の暮らしが大きな危機にさらされています。仕事や経済、メンタルヘルスへの影響などの死活問題の他、多くの留学希望者の学ぶ機会を奪っているという問題も起こっています。

    このイベントでは、実際にそのようなインドの現状や危機を目の当たりにしてきたり、支援活動、チャリティ活動にあたっている国際組織団体のスタッフより、インターネットやテレビだけでは分からない現実を詳しくお伝えし、今、私たちに何ができるのかを考えていきます。

    世界の問題に目を向けることは、国際社会に生きるわたしたちにとって重要であり、自国にとっても大切なことです。
    「今、私たちになにができるのか?」今一度、考えてみる機会にしませんか?ぜひご参加ください。

    ゲストスピーカー

  • Mr Kamlesh Patel, BAPS Charities
  • <メッセージ>In the joy of others lies our own, In the progress of others rests our own, In the good of others abides our own, Know this to be the key to peace and happiness. We wish to thank everyone who has offered such overwhelming support and encouragement during the pandemic. Together we can make a difference.

  • Ms Nanhi Mann, Regional Director, Kaplan ISC
  • <メッセージ>実際にこのインドの危機的状況を目の当たりにしてきた一人の人間として、経済的であれ精神的であれ、人々が苦労しているのを見て、できる限りの方法で支援をしていく必要があると考えています。 助けが必要とされている今、国境を越え世界の人々にインドを支援する活動に力をいただきたいと思います。

  • Ms Akie Koyama, Director, beo
  • <メッセージ>グローバル教育に携わる企業として、今回のイベントが、今インドで起きている危機を決して世界のどこか遠くで起きている他人事ではなく、「今目の前で起きていること」、「自分や自分の大事な人のこと」として、一人でも多くの方とともに学び、考え、自分にできるアクションを起こす場になればと願っています。

    Kapan x beo共催について

    本イベントは、世界最大規模の教育機関であるKaplan(カプラン)とbeoによる共催です。

    歴史的にインドと深い関わりを持つイギリスにも本社を置くKaplanは、新型コロナウイルスの感染拡大で危機的な状況にあるインドを支援するため、BAPS Charitiesのチャリティ活動に協力しています。BAPS Charitiesは、国際的なチャリティ団体で、チャリティーセクターが巨大かつ大きな発言力・実行力を持つイギリスにおいても、現在新型コロナウィルスの影響により国際的な支援を必要とするインドへさまざまな形でチャリティ活動を行っています。

    beoは、国際教育に関わる一企業として、また国際関係や開発、国際協力、貧困格差、ジェンダーなどの分野へ何千人もの方の留学やキャリア形成を支援し続けてきた企業として、テレビやインターネットでは得られない、グローバルイシューの現状について理解を深め、考え、アクションを起こすための情報提供していきたいと考えています。その第一歩として、今回のチャリティ活動のためのイベントをKaplanと共催することになりました。

    今回のイベントを通して、より多くの方にインドの現状を伝え、チャリティ活動を通してインドを支援していくと同時に、世界の問題に目を向けることや、チャリティ活動を含め国際社会でキャリアを形成することについて、より理解を深める機会になればと考えています。

    イベントに参加できない方も、下記リンクよりぜひチャリティ募金にご協力ください。
    Kaplan&BAPS Charities オンライン募金会場(詳細もこちらから)
    Kaplan’s support for Covid relief in India

    下記も併せてご覧ください。
    beo留学ブログ『コロナ渦で ”今” 私たちができること』

    Tag :
    メールマガジンの登録

    beoのニュースレターにご登録いただくと、留学や弊社サービスについて最新の情報を得られます。