B
B
E
E
O
O

留学生に海外大学の対応や渡航に関する最新情報を提供する コロナ対策情報サイト開設 留学への安心と十分な準備に対する支援を強化

<報道関係者各位>

BEO株式会社
2020年8月3日

英語圏への留学支援を手がけるBEO株式会社(本社=東京都新宿区、デイビッド・ジョーンズ代表取締役、以下beo)はこのほど、イギリス留学を目指す方向けに、コロナ禍の中でのビザ取得や渡航前準備、現地での生活などについての最新情報をまとめた特設サイトを開設しました。イギリスの大学や政府は新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策に注力し、安心して同国へ留学できるよう、健康と安全を重視した体制づくりに取り組んでいます。特設サイトでは随時、政府機関などによる最新で正確な情報を動画やQ&A形式でわかりやすく提供し、不安を解消して留学の実現を支援します。

イギリスはビザ審査再開、日本を入国時隔離の対象外
大学は対面とオンラインを融合 「ブレンド型学習」導入へ

イギリスは、6月22日にビザ審査を再開し、7月10日からは日本を入国時隔離の対象から外すなど、2020年度の留学生受け入れに向けて動き出しています。世界的な名門校も多いイギリス大学は教育・研究について高い評価を受けており、毎年、約3,000人の日本人が同国に留学しています。イギリス大学の多くはコロナ禍を受け、オンラインと対面の授業を組み合わせた「ブレンド型学習」を実施する予定です。インターネットで講義を受けたり、教材を使用したりできる体制を整えることによって、コロナ対策を図りながら、より柔軟で価値を引き出した留学スタイルを追求しています。

「寮はいつから入れるの」など よくある質問に回答
4つのカテゴリーできめ細かく情報提供し不明点を解消

beoの特設サイトではこうした政府や大学の動きに加え、「ビザ申請にどのくらい時間がかかるか」や「学生寮にいつから入居できるか」など、留学希望者のよくある質問や疑問に答える情報も届けています。「ビザ(申請関連)」、保険加入など「渡航前準備」、「現地での生活・寮」、「航空券・入国」の4つのカテゴリーを設け、経験豊かなbeoの留学カウンセラーなどがまとめたきめ細かい情報を踏まえ、イギリス留学に関する不明点の解消を目指します。掲載情報は、今後の状況の変化を確認しながら更新していく予定です。
beoではコロナ禍による先行きの不透明感が強まる中、コロナ対策の特設サイトをはじめ、情報発信を強化することによって、このときだからこそ「留学の夢を断念しない」ことに一翼を担いたいと考えています。

特設サイトはこちら

beoについて

2000年、ブリティッシュ・エデュケーション・オフィスとして日本で初のイギリス正規留学無料サポート機関として事業を開始。マンチェスター大学などイギリス大学の日本での正規出願窓口として留学サポートを提供。事業をオーストラリアや米国など全世界の教育機関に広げ、2008年に社名をBEO株式会社に変更しました。カウンセリングや出願代行などの留学サポートのほか、留学イベントやセミナーを開催。海外の大学・大学院留学に必要な英語力を身につけるための英語学校事業も展開しています。2019年は福岡オフィスを開設し、日本で唯一NCUK(英国大学連盟)に正式に認定された大学進学準備コースを開講。全ての方が適切な教育を選択し、夢を実現できる環境創出に尽力しています。会社概要はこちら

本件に関するお問い合わせ先
BEO株式会社
広報担当 ゼンフ・ミシャ 野呂淳子(のろ じゅんこ)
TEL:03-5367-3315 FAX:03-5367-3316
Mail:info@beo.jp

<留学企画等の取材協力・情報提供について>
留学経験者の取材、大学生・社会人の留学に関する取材、情報提供等にご協力します。
留学に関する企画がございましたら是非ご一報ください。

メールマガジンの登録

beoのニュースレターにご登録いただくと、留学や弊社サービスについて最新の情報を得られます。