B
B
E
E
O
O

ボンド大学
Bond University

オーストラリア(クイーンズランド州)

教育に対する学生の満足度で17年連続オーストラリアNo.1

ボンド大学は、オーストラリア・クーンズランド州ゴールドコーストに同国初の非営利の私立大学として設立されました。学生総数は約5,600人、教員1人あたりの学生数はたったの11人と少人数制を採用することで、個人の特性に合わせたきめ細かな学習指導を行っています。Good Universities Guide「Student Experience(学生の体験)」部門において、17年間連続で1位を獲得するなど、その高水準な学習環境は高く評価されてきました。また、同大学は3学期制を採用しており、通常の2学期制の大学より短い期間で卒業することが可能です。

 

会計学

保険数理学(アクチュアリー)

経営学

ビジネスデータ分析

MBA

国際ホテル・観光マネジメント

商学

建築

生物医学

運動・スポーツ科学

栄養学

作業療法

心理学

コミュニケーション

ジャーナリズム

映画・テレビ

デジタル・デザイン

国際問題研究(社会・環境の持続可能性)

国際関係学

法学

犯罪学

TESOL

保険数理学(アクチュアリー)

ビジネスデータ分析

MBA

国際ホテル・観光マネジメント

国際関係学

TESOL

スタディ・アブロード(1学期~1年間の留学プログラム)

在校生の人数約5,000名
授業料の目安1学期あたりAUD$10,000~$20,000
学生自治会/サークル・クラブ活動https://bond.edu.au/current-students/university-life/bond-university-student-association
卒業後のキャリアサポートキャリア形成のプランニングやキャリア形成につながるボランティア活動、インターンシップの紹介、履歴書の書き方の指導や面接の練習など
公式ホームページ(英語)https://bond.edu.au/

企業から高く評価される人材に成長

少人数制によるきめ細かい学習指導、企業から求められるビジネススキルに重点を置いた実践的なカリキュラム、質の高い教授陣により、企業等の雇用主満足度においても、過去2年連続でオーストラリアNo.1の評価を受けています。 世界80カ国以上から数多くの留学生を迎えているボンド大学。学生同士の交流はもちろん、卒業後も、日本で活躍している卒業生をはじめ、世界の様々な業界で活躍している約3万人の卒業生ネットワークに参加することができます。

ボンド大学の日本との関わり

1989年にアラン・ボンド氏と日本の実業家、高橋治則氏によって設立されたボンド大学は、オーストラリアで最も歴史のある私立大学です。ボンド大学のシンボルといえる印象的なアーチを描く校舎は、著名な日本人建築家によって設計されるなど、日本との繋がりが強い大学です。 ボンド大学には、留学を検討している方を日本語でお手伝いできる担当スタッフが在籍しています。一人ひとりの状況に合わせてどのようなコースを選択するのが適切かアドバイスするなど、これまで何百人もの日本人学生に入学手続きなどの支援を行ってきました。

無料留学カウンセリング

留学に迷われている方も、留学をする際の不安解消がしたい方もお気軽にお申込みください

お申込み

資料請求・お問合せ

行きたい国、プログラムによって資料が変わりますので、アンケートにご回答ください

ご請求