B
B
E
E
O
O

[連載] 英語フレーズ 第21回 "Drop a(the) dime"

「Drop a(the) dime」です! Dimeはアメリカやカナダの10セント硬貨のことを指します。一体どんな時に使うのでしょうか? 早速、一連の会話から見ていきましょう! VictorとRisaが、Risaの学生時代の性格について話しています。 ******************** David: So, you are saying that you used to be an honor student. Risa: In a word, yes, I was. I was never late for school, and always following the rules; and as a matter of fact, I was the student council president. David: You neither got your hair dyed nor smoked ever? Risa: Of course not. David: Okay. So, you used to be a student like who drops a dime on other students when you see they are doing something wrong. Risa: Immediately. David: That’s surprising. It seems opposite to who you are. Risa: I am still the same person. Only appearance has changed. ******************** 優等生だったと言うRisaにたいして、「So, you used to be a student like who drops a dime on other students」と尋ねるDavid。直訳すると、他の生徒に硬貨を落とすとなりますが… 実は… 「Drop a(the) dime」には「告げ口をする、密告する」 といった意味があるんです。真面目な生徒だと言い張るRisaに「他の学生が悪いことしたら、(先生に)告げ口するタイプの学生だったの?」と聞いていたんですね。 携帯電話が普及した今では滅多に見られませんが、昔は公衆電話がそこら中にありました。そこで電話をかけるために使われていたのが10セント硬貨、つまりDimeなんです。このフレーズは公衆電話から、警察にタレコミをしたりすることから使われるようになり、今では「告げ口」や「裏切る」など、広い意味で使われるようになったのです。 Urban Dictionaryには以下のよう書かれています。 “To snitch on someone それではもう一度、 先ほどの会話を和訳付きで確認してみましょう! ******************** David: So, you are saying that you used to be an honor student. (つまりガチガチの優等生だったってこと?) Risa: In a word, yes, I was. I was never late for school, and always following the rules; and as a matter of fact, I was the student council president. (まあ、一言で言えばそうね。遅刻もしたことないし、校則はしっかり守るし、実際生徒会長もしていたわ。) David: You neither got your hair dyed nor smoked ever? (髪も染めたことも、タバコも吸ったこともないのかい?) Risa: Of course not. (あるわけないじゃない。) David: Okay. So, you used to be a student like who drops a dime on other students when you see they are doing something wrong. (他の学生が悪い事していたら、すぐに先生にチクるタイプだった感じ?) Risa: Immediately. (迷いなくね。) David: That’s surprising. It seems opposite to who you are. (びっくりだね。今の君とは正反対みたいだ。) Risa: I am still the same person. Only appearance has changed. (中身は変わらないわよ。) ******************** スラングなので、正式な場ではあまり使えませんが、友達との会話や、ドラマ・映画などでは使われるので、ぜひ覚えておきましょう☆ それではまた次回! See you next time!
Tag :
    メールマガジンの登録

    beoのニュースレターにご登録いただくと、留学や弊社サービスについて最新の情報を得られます。