B
B
E
E
O
O

英語フレーズ【連載】第1回 “Rock the boat”

みなさんこんにちわ!海外映画やTVドラマ、英字新聞やニュースなど、英語を学んでいく中で出会った素敵な英語フレーズを紹介する
「知らないと絶対わからない!ネイティブの英語フレーズ」。
この連載では、使い方・意味を知らないと、非ネイティブには分かりづらい英語表現を、どんどんシェアしていきたいと思います。

記念すべき第一回目のフレーズは…

「Rock the boat」です!

直訳すると「ボートを揺らす」という意味ですが…
まずは、一連の会話を見てみましょう。

******************** Jack: Hi, Mike. You look upset. Are you Okay? Mike: I’m fine. It’s just I got yelled at by my boss. Jack: Did you do something wrong? Mike: Not really. It was just a misunderstanding. Jack: Did you say something back to him? Mike: No. I was just listening to him. I didn’t want to rock the boat. ********************

いかがですか?何となく意味が推測できたでしょうか?
ボートを揺らすと何が起こるでしょう?波が立ちますよね?
つまり、
「Rock the boat」は「波風を立てる、事を荒立てる」
という意味になるのです。なるほど!という感じがしませんか?

Oxford Advanced Learner’s Dictionary には以下のよう書かれています。
“To do something that upsets a situation and causes problems”
それではもう一度、先ほどの会話を和訳付きで確認してみましょう!

******************** Jack: Hi, Mike. You look upset. Are you Okay? (やあ、マイク。表情が冴えないけど、何かあったの?) Mike: I’m fine. It’s just I got yelled at by my boss. (いや、別に。上司に怒られただけさ) Jack: Did you do something wrong? (何かミスしたのか?) Mike: Not really. It was just a misunderstanding. (ちょっとした誤解さ。) Jack: Did you say something back to him? (何か言い返したのかい?) Mike: No. I was just listening to him. I didn’t want to rock the boat. (いいや。だまって話を聞いていたよ。事を荒立てたくなかったからね) ********************

このように、「I don’t want to rock the boat (事を荒立てたくない)」や
「I don’t bother to rock the boat (わざわざ波風立てたくない)」という形で使われることが多いので、
このまま覚えてしまいましょう☆
“I don’t want to rock the boat” 的なシチュエーションは、
争い事が嫌いな日本人にはよくあると思います(笑)。
比較的覚えやすい表現なので、そんな時にぜひぜひ使ってみて下さい☆
それではまた次回! See you next time!
Tag :
メールマガジンの登録

beoのニュースレターにご登録いただくと、留学や弊社サービスについて最新の情報を得られます。