B
B
E
E
O
O

苦手な英語は留学前に少しでも克服しよう!

英語力を高めるために留学するわけですが、留学前からある程度英語を聞く力、話す力を高めておくと良いです。特に、留学で英語力を高めるためには、日本語から離れ英語だけで生活することが大切です。留学前に苦手な英語を対策していくことで留学期間をより有意義にすることができます。

英語は留学を最初から楽しむために必要

限られた留学期間のなかで、1つでも多くのことを学んで帰国したいですよね。留学前から対策を立てて勉強しておくことで、留学中に得られるものがより増えます。
日常会話程度の英語力を身につければ、留学後もコミュニケーションが取りやすいです。そして現地での知り合いもできやすく、会話ができると楽しさも出てきます。
また、英語力によってクラス分けがある留学先も多いですが、初級クラスに入ると日本人などのアジア圏の人が多く、いざとなれば英語でなくても通じるだろうと安心して、日本にいた時と同じくゆるい雰囲気の授業を受けることになりがちです。一方、上級者クラスに入ることができればネイティブな英語で話す生徒が多く、日常会話などもレベルの高い英語で交わすことになるので、自分も努力を怠ることなくより効果的にスキルアップが期待できるので渡航前の勉強は頑張っておくと良いです。

英語が話せれば、日本の生活も変わってくる?

英語力を身につけることができれば、留学の時だけでなく留学前後にもさまざまなメリットがあります。
まず、英語を話すことができれば、海外からの留学生などにも話しかけやすくなります。日本の生活で留学生が困っている時も英語でコミュニケーションが取れるということは自分自身の自信にもつながります。
また、昨今ではインターネットメディア企業や、アパレル企業などで、英語を公用語化する日本の企業も多くあります。英語が公用語となった企業では、社内会議や他部署との連絡が原則英語で行われています。国際社会でグローバルな人材が必要とされるなか、高い英語力を身につければ就職や転職をする際にそのような企業を選択肢に入れることができるため、より幅を広げた就職活動に臨むことができます。

Tag :