B
B
E
E
O
O

[連載] 英語フレーズ 第36回 "Root for"

「Root for」です! 「Root」には「掘る、探す、根元、根元」など多様な意味がありますが、一体どんな意味を持つフレーズなのでしょうか? 早速、一連の会話から見ていきましょう! いよいよ世界タイトル戦に臨むボクシング選手のPeterが、試合前にコーチのJakeと話しています。 ******************** Jake: Are you nervous? Peter: A little. Jake: Take a deep breath. Peter, look at me. Remember what you have been going through to be here? Peter: Yeah. Jake: You have been training as hard as you can for years. I have no doubt that you are the most hard worker. Peter: I know. I’m sure of it. Jake: Right? Then, no one can stop you. I’m sure that you are going to win the championship. Peter: I will. Jake: Don’t forget, your friends, family, people in our gym, everyone is rooting for you. Peter: Don’t worry. I won’t let you guys down. ******************** 試合前、少し緊張ぎみのPeterをJakeが鼓舞するシーン。いよいよ試合開始のゴングが鳴る直前にJakeは言います。「Don’t forget, your friends, family, people in our gym, everyone is rooting for you.」 実は… 「Root for」には「応援する、味方する」 といった意味があるんです。「友達、家族、ジムの仲間たち。全員がお前を応援しているからな!」と鼓舞していたんですね☆ 例文のように、be動詞を伴い、(be) rooting for〜という形で使われることが多いです。 Oxford Advanced Learner’s Dictionaryでは、以下のよう書かれていました。 “To support or encourage somebody in a sports competition or when they are in a difficult situation” それではもう一度、 先ほどの会話を和訳付きで確認してみましょう! ******************** Jake: Are you nervous? (緊張しているのか?) Peter: A little. (少し。) Jake: Take a deep breath. Peter, look at me. Remember what you have been going through to be here? (深呼吸しろ。お前がどんな練習をしてきたか思い出せ。) Peter: Yeah. (あぁ。) Jake: You have been training as hard as you can for years. I have no doubt that you are the most hard worker. (やれえるだけのことはやってきた。俺が見てきた中で一番の努力家だ。) Peter: I know. I’m sure of it. (ああ。そうだろうな。) Jake: Right? Then, no one can stop you. I’m sure that you are going to win the championship. (ならお前を止める奴なんていないさ。タイトルはお前のものさ。) Peter: I will. (獲ってやるさ) Jake: Don’t forget, your friends, family, people in our gym, everyone is rooting for you. (友達、家族、ジムの仲間たち。全員がお前を応援していることを忘れるな。) Peter: Don’t worry. I won’t let you guys down. (がっかりなんかさせないぜ。) ******************** 「応援している」。とってもシンプルな表現ですが、英語だとなかなか言えなくて、困ったことがある人はたくさんいると思います!この機会に覚えて、ぜひ使ってみて下さい☆ それではまた次回! See you next time!
Tag :
    メールマガジンの登録

    beoのニュースレターにご登録いただくと、留学や弊社サービスについて最新の情報を得られます。