B
B
E
E
O
O

[連載] 英語フレーズ 第32回 "Set the record straight"

「Set the record straight」です! 直訳すると「レコードをまっすぐにする」となりますが、一体どんな時に使うフレーズなのでしょうか? 早速、一連の会話から見ていきましょう! JamesとClareが話しています。 ******************** James: Hi, Clare. I heard a rumor about you. Clare: Rumor? James: Year. I heard that you will run for the student president. Clare: What? Who told you that? James: Anna did; but everyone is saying that. Clare: I cannot believe that. James: Isn’t that true? Clare: Let me set the record straight. I will not run for the student president. James: Is that so? It’s a shame. ******************** 噂の真相を尋ねられたClareは「Let me set the record straight.」と言い、生徒会長への立候補を否定していますね。 実は… 「Set the record straight」には「誤解をはっきりさせる、事実をはっきりさせる」 「はっきりさせておきましょう。私は立候補はしないわ」とClareは言っていたわけですね。 「Set」の代わりに「Put」が使われることもよくあります。また、似たような表現で「Get 〜 straight」という表現もよく使われます。 Oxford Advanced Learner’s Dictionaryでは、以下のよう書かれていました。 “to give people the correct information about something in order to make it clear that what they previously believed was in fact wrong” それではもう一度、先ほどの会話を和訳付きで確認してみましょう! ******************** James: Hi, Clare. I heard a rumor about you. (やあ、クレア。君についての噂を聞いたんだけど。) Clare: Rumor? (噂?) James: Year. I heard that you will run for the student president. (生徒会長に立候補するんだって?) Clare: What? Who told you that? (え?誰がそんなこと言ってたの?) James: Anna did; but everyone is saying that. (アンナから聞いたよ。でもみんなそう言ってるよ。) Clare: I cannot believe that. (何それ。信じられない。) James: Isn’t that true? (本当じゃないの?) Clare: Let me set the record straight. I will not run for the student president. (はっきりさせておくけど、私は生徒会長に立候補なんかしないわ) James: Is that so? It’s a shame. (そうなの?残念だな。) ******************** ビジネス英語としても頻繁に出てくるフレーズなので、しっかり覚えて使えるようになりましょう☆ それではまた次回! See you next time!
Tag :
    メールマガジンの登録

    beoのニュースレターにご登録いただくと、留学や弊社サービスについて最新の情報を得られます。