B
B
E
E
O
O

[連載] 英語フレーズ 第23回 "Talk past each other"

「Talk past each other」です! 直訳するならお互いに過去について話す…といったところでしょうか? 実はこのフレーズには、単語「Past」から想像できないような意外な意味があるんです! 一体どんな時に使うのでしょうか? 早速、一連の会話から見ていきましょう! IreneとTomが、Ireneの恋人について話しています。 ******************** Tom: Hi, Irene, I will have a party tonight. Will you come? Irene: Why not! Tom: Why don’t you come with your boyfriend? Irene: I am not dating anyone now. I broke up with him. Tom: Is that so? What happened? Irene: Nothing happened. It’s just we are not meant to be together. When we talk, we always talk past each other. It’s so tiring to be with him. Tom: I’m sorry. But then, you better come to the party! I bet it’s going to be so much fun tonight! ******************** 恋人と別れた理由を聞かれたIreneは「When we talk, we always talk past each other.」と答えます。 実は… 「Talk past each other」には「話が噛み合わない」 特に何かあったわけではないけど、話が噛み合わないことに疲れたとIreneは言っていたんですね!確かに話が噛み合わない人といるのは疲れてしまいそうですね。 このフレーズはなかなかインターネットで検索しても、正式なソースが見つかりませんが、ドラマなどでも使われているネイティブらしい表現のひとつです。 とあるサイトには以下のよう書かれていました。 “Two or more people talking about different subjects, while they believe that they are talking about the same thing.” それではもう一度、 先ほどの会話を和訳付きで確認してみましょう! ******************** Tom: Hi, Irene, I will have a party tonight. Will you come? (やあ、アイリーン。今夜パーティーがあるんだけど来るかい?) Irene: Why not! (もちろん!) Tom: Why don’t you come with your boyfriend? (彼氏連れてくれば?) Irene: I am not dating anyone now. I broke up with him. (今誰とも付き合ってないわよ。この前別れたの。) Tom: Is that so? What happened? (そうなの?何があったの?) Irene: Nothing happened. It’s just we are not meant to be together. When we talk, we always talk past each other. It’s so tiring to be with him. (何かあったという訳じゃないのだけど。彼と話していると、いつも会話が噛み合わなくて。ちょっと疲れるの) Tom: I’m sorry. But then, you better come to the party! I bet it’s going to be so much fun tonight! (そうだったんだね。じゃあなおのことパーティーに来るべきだね。きっと楽しくなるよ!) ******************** 年齢の離れた人を話すと、カルチャーショックのせいか、話が全然噛み合わない時などありますよね。そんなときはぜひこのフレーズを使ってみてください! それではまた次回! See you next time!
Tag :
    メールマガジンの登録

    beoのニュースレターにご登録いただくと、留学や弊社サービスについて最新の情報を得られます。