B
B
E
E
O
O

【よくある3つの疑問を解説!】留学に向けての奨学金申請について知っておくべきこと

ここで解決!奨学金についてよくある疑問3選

  

「留学したいけど費用が心配・・・。」
「費用の準備ができないから留学準備が前に進まない・・・。」
という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん全額自費で準備できれば問題ないですが、大きな額になりますので、奨学金を検討していく方も多いです。しかし、奨学金は奨学金団体によって対象者に制限があったり、申請時期や方法が異なっていたりすることがあるので、事前のリサーチが必要になります。
今回は奨学金についてよく聞かれる3つの疑問について解説していきます。

疑問①

奨学金にはどんな種類がある?

奨学金と一口に言ってもさまざまな種類が存在します。ここではどんな種類の奨学金が存在するのか整理しましょう。
まず奨学金団体は大きく下記3つに分類できます。

・日本国内の団体が受け付けているもの
 日本での申請が可能。渡航時期の約1年前から募集開始する団体も多いので、締切に注意が必要。

・海外機関が受け付けているもの
 上記同様募集開始が早いものが多いので、申請期間には注意する。また英語でのやりとりが必要になるケースが多い。

・海外大学が受け付けているもの
 多くの場合その大学に合格をもらってから手続きすることが可能。英語でのやり取りが必要。

奨学金団体の種類が理解できたところで、今後はそれぞれの奨学金の種類についてみてみましょう。
奨学金団体が用意している奨学金は下記2つの種類に分かれます。

・給付型:返済義務なし
・貸与型:返済義務あり。

給付型は返済義務がない分、申請希望者も多く、とても倍率が高いです。そのため、貸与型の奨学金を並行して検討していく方も多いです。なお海外大学が受け付けている奨学金に関してはほとんど給付型となっています。

疑問②

申請に必要な条件は何?

奨学金を検討したいと思っていても、「申請にはどんな条件があるのか」、「自分が申請できる奨学金はあるのか」等、不安な方も多いでしょう。奨学金団体はそれぞれに募集要項があり、団体ごとに細かい規定を確認する必要がありますが、一般的には留学する国、留学レベル、留学先での専攻、最終学歴、年齢、英語スコアが申請の条件として設定されていることが多いです(例:29歳以下でイギリスの大学院修士課程に正規生として入学を予定している者、国内の4年制大学を卒業している者、IELTS6.0以上の水準を満たす者、など)。
下記の「留学奨学金情報」で奨学金を付与している団体がどのような条件を設定しているかを確認してみましょう!

あわせてCheck!留学奨学金情報

疑問③

奨学金を勝ち取るためにできることは何?

・成績を上げておく
どの奨学金に申請する場合も、最終学歴の成績は重要視されます。現在学生の方はできるだけ優秀な成績を修め、奨学金合格への可能性を最大限に広げましょう。

・英語力を上げておく
多くの奨学金団体では申請時に満たしていなくてはならない英語条件があります。取得しなくてはならないスコアを確認し、前倒しで準備を進めておきましょう。英語スコアによっては有効期限があるものもあるので、あわせて確認しましょう。

・奨学金団体が求めている書類を用意する
一般的に奨学金団体へ申請する際は、「申請理由書」、「留学計画書」、「推薦状」などが必要になるケースが多いです。事前に各奨学金団体で必要な書類を確認し、執筆を始めましょう。推薦状などほかの人への依頼が必要な書類を求められることもあるので、計画的に準備しましょう。

//////////////////////////////////////////////////

奨学金は競争率が高く、準備しなければならないことも多いですが、獲得することができれば、経済的な負担を軽減してくれるだけではなく、履歴書にも書ける一生の価値となる場合もあります。ぜひ上記の3つのポイントを押さえて、計画的に申請準備を進めましょう!

beoはいつの時期も、留学実現を目指す方を応援しています。
ご興味のある方はご気軽にbeoまでご相談ください。渡航までニーズに合わせた丁寧なサポートを提供いたします。
>お問い合わせ >留学無料カウンセリングご予約

//////////////////////////////////////////////////

メールマガジンの登録

beoのニュースレターにご登録いただくと、留学や弊社サービスについて最新の情報を得られます。