B
B
E
E
O
O

[連載] 英語フレーズ 第42回 "Have a chip on one’s shoulder"

「Have a chip on one’s shoulder」です! Chipには「かけら、チップ」など様々な意味があります。直訳すると「肩に欠片がある」といった感じになりますが、一体どんな時に使うフレーズなのでしょうか?語源をしらないとまったく予想もできないと思います! 早速、一連の会話から見ていきましょう! RichardがMarkを遊びにいこうと誘っています。 ******************** Richard: Do you want to hang out tonight. Mark: Sounds good. Do you mind if I invite Larry? Richard: You mean Larry Hawkins? Mark: Yeah, is that problem? Richard: No, but as far as I remember, you once told me that you don’t like him because he is not a friendly man. Mark: Yeah. But it turned out he is a nice guy. It’s just when he transferred to my school, he felt like an outsider, which led to him having a chip on his shoulder. ******************** 会話の流れから意味を推測できた人はいるでしょうか? 実は… 「Have a chip on one’s shoulder」には「喧嘩腰である、イライラしている、怒りっぽい、不満を持っている」 その昔、相手に対して不満があるときや喧嘩をしたい時に、肩の上に木片(chip)をおいて「これを落としてみろ」と挑発して喧嘩をふっかけていたそうです。実際に相手が木片を落としたら、それが喧嘩の合図になっていたそうです。それが現代でもこのようなフレーズとして残っているのです。 Cambridge Dictionaryでは、以下のよう書かれていました。 “to seem angry all the time because you think you have been treated unfairly or feel you are not as good as other people:” それではもう一度、 先ほどの会話を和訳付きで確認してみましょう! ******************** Richard: Do you want to hang out tonight. (今日の夜遊びにいかない?) Mark: Sounds good. Do you mind if I invite Larry? (いいね。ラリーを誘ってもいい?) Richard: You mean Larry Hawkins? (ラリーって、ラリー・ホーキンス?) Mark: Yeah, is that problem? (そうだよ。何か問題?) Richard: No, but as far as I remember, you once told me that you don’t like him because he is not a friendly man. (いや問題ないけど。確か、ラリーは愛想が悪いから好きじゃないって言ってなかった?) Mark: Yeah. But it turned out he is a nice guy. It’s just when he transferred to my school, he felt like an outsider, which led to him having a chip on his shoulder. (そうだったんだけど。ラリーの奴、転校してきた時は環境に慣れなかったらしくて、なんだか常に敵意丸出しって感じだっただけで、本当はすごくいい奴だって分かったんだ。) ******************** こういった文化や風習から生まれたフレーズは、いくら勉強しても身につきません!自然に使えるようになると、ネイティブにグッと近づける素敵なフレーズなので、ぜひ覚えていきましょう☆ それではまた次回! See you next time!
Tag :
    メールマガジンの登録

    beoのニュースレターにご登録いただくと、留学や弊社サービスについて最新の情報を得られます。