B
B
E
E
O
O

[連載] 英語フレーズ 第40回 "Under the weather"

「Under the weather」です! 直訳すると「天気の下」といった意味になりますが、一体どんな時に使うフレーズなのでしょうか? 早速、一連の会話から見ていきましょう! AmeliaがEmmaの誕生日会に訪れています。 ******************** Amelia: Happy birthday, Emma! Emma: Thank you for coming today. Amelia: Here is a present for you. Emma: Oh! You didn’t have to bring me a present, but thank you. Amelia: Is Emily already here? Emma: No, she isn’t. She called me this morning and said that she was feeling a bit under the weather so she wouldn’t come. Amelia: That’s a shame. ******************** Emmaの誕生日会の朝。EmilyはEmmaに電話をかけ「feeling a bit under the weather」なので誕生日会には来れないと伝えたようです。 実は… 「Under the weather」には「気分がすぐれない、具合が悪い」 といった意味があるんです。具合が悪かったので、Emilyは誕生日会に来れなかったようです。 その昔、航海中に気分が悪くなった船乗りは、デッキの下に移動し身体を休めたそうです。気分のすぐれない者はデッキの下、つまり空が見えない場所(under the weather)に移されたことから、このフレーズが使われるようになったと言われています。 Oxford Advanced Learner’s Dictionaryでは、以下のよう書かれていました。 “if you are or feel under the weather, you feel slightly ill / sick and not as well as usual” それではもう一度、 先ほどの会話を和訳付きで確認してみましょう! ******************** Amelia: Happy birthday, Emma! (エマ、誕生日おめでとう!) Emma: Thank you for coming today. (今日は来てくれてありがとう。) Amelia: Here is a present for you. (これプレゼントよ。) Emma: Oh! You didn’t have to bring me a present, but thank you. (プレゼントなんていいのに。でも、ありがとう。) Amelia: Is Emily already here? (エミリーはもう来てる?) Emma: No, she isn’t. She called me this morning and said that she was feeling a bit under the weather so she wouldn’t come. (来てないわ。今朝電話があって、具合が悪いから今日は来られそうにないって言っていたわ。) Amelia: That’s a shame. (残念ね。) ******************** 具合が悪いことを英語で説明するとき「I feel sick」などと言ってしまいがちですが、代わりに「I’m feeling under the weather」なんて使えたら、ネイティブの表現にまた一歩近くことができますよ☆ それではまた次回! See you next time!
Tag :
    メールマガジンの登録

    beoのニュースレターにご登録いただくと、留学や弊社サービスについて最新の情報を得られます。