B
B
E
E
O
O

[連載] 英語フレーズ 第17回 "Throw someone under the bus"

みなさんこんにちわ!海外映画やTVドラマ、英字新聞やニュースなど、英語を学んでいく中で出会った素敵な英語フレーズを紹介する「知らないと絶対わからない!ネイティブの英語フレーズ」
第17回目のフレーズは…
「Throw someone under the bus」です!
直訳すると「誰かをバスの下に投げる」。なんだか物騒な響きですが、このフレーズには一体どんな時に使うのでしょう。
早速、一連の会話から見ていきましょう!
落ち込んでいるNickにEmilyが話しかけています。
********************
Emily: Hi, Nick. Are you okay? I heard you had got yelled at by our boss.
Nick: I’m fine. I’m just feeling so frustrated because of what Tom did to me.
Emily: Tom? Did he do something to you?
Nick: He threw me under the bus!
Emily: What? What did he do?
Nick: The Boss yelled at me because he heard that one of our clients got mad as I was late in the meeting with them.
Emily: Were you?
Nick: Of course not! Tom is the one who was late. He told the boss I was late!
Emily: Why would he say that?
Nick: I don’t know.
Emily: You should have told the boss the truth.
Nick: Maybe. But he was so mad that I felt like it’s not time to say such a thing.
Emily: I feel sorry for you.
********************

「Tomが何かしたの?」というEmilyの質問に対して「He threw me under the bus!」と怒鳴るNick。
実は
「Throw someone under the bus」には「~を犠牲にする、~を裏切る」
といった意味があります。遅刻した罪をTomになすりつけられたことを、Nickは怒っていたんですね。
このフレーズの語源ははっきりと分かっていません。1970年代頃にイギリスで使われ始めたと言われています。
Oxford Living Dictionaries には以下のよう書かれています。
“Cause someone else to suffer in order to save oneself or gain personal advantage”
それではもう一度、先ほどの会話を和訳付きで確認してみましょう!

********************
Emily: Hi, Nick. Are you okay? I heard you had got yelled at by our boss.
(ニック、大丈夫?ボスに怒られたんだって?)
Nick: I’m fine. I’m just feeling so frustrated because of what Tom did to me.
(それは大丈夫だけど。トムのやつが許せないよ)
Emily: Tom? Did he do something to you?
(トム?彼が何かしたの?)
Nick: He threw me under the bus!
(あいつに陥れられたよ。)
Emily: What? What did he do?
(彼、何したの?)
Nick: The Boss yelled at me because he heard that one of our clients got mad as I was late in the meeting with them.
(ボスに怒られた理由は、僕がクライアントとの打ち合わせに遅刻して怒らせてしまったからなんだ。)
Emily: Were you?
(遅刻したの?)
Nick: Of course not! Tom is the one who was late. He told the boss I was late!
(するわけないだろ!遅刻したのはトムの方だ。それなのに僕が遅刻したってボスに言ったんだよ。)
Emily: Why would he say that?
(なんでそんなこと言うのかしら)
Nick: I don’t know.
(さあね、知らないよ)
Emily: You should have told the boss the truth.
(ボスに本当の事を言えばよかったのに)
Nick: Maybe. But he was so mad that I felt like it’s not time to say such a thing.
(そうかもね。でも、ボスがすごい勢いで怒ってるから、そんなこと言ってる空気じゃないと思ったんだ。)
Emily: I feel sorry for you.
(お気の毒ね。)
********************

このフレーズを使うような場面はできれば避けたいところですが、もしも似たようなシチュエーションに出くわしてしまったときに、さらっと使うことができたら、かっこいいですよ!
それではまた次回! See you next time!

Tag :