B
B
E
E
O
O

【留学コラム】イギリスの教育制度のここが良い!メリットとは?

イギリスを留学先にする上で注意すべきこと

イギリスの教育制度は、早い時期から将来を見据えた教育を受けられることが特徴で、学びたい内容を十分に明確にしてから臨む必要があります。
留学生がイギリスの大学・大学院へ留学する場合、高い英語力の証明も求められるので、英語力に自信のない方は、語学学校に進学することから始めることがおすすめです。

日本と異なるイギリスの教育制度

イギリスと日本では、教育制度が全く異なるのでイギリスへ留学をお考えの方はその違いと仕組みのポイントをしっかりと押さえていきましょう。

まず、日本は、小学校6年・中学校3年の計9年間の義務教育と、高校3年制という教育過程に対して、イギリスでは、5歳から11歳前後までを「プライマリー・スクール」と呼ばれる初等教育機関で教育を受け、その後は16歳まで「セカンダリー・スクール」に在学するという合計11年間の義務教育が設けられています。
セカンダリー・スクールの修了時点で、GCSEという中学卒業検定に合格しなければ、次の教育機関には進めない仕組みです。

セカンダリー・スクール修了後は、大学進学を希望する学生のための6th Formと呼ばれる、日本の高校と同等の教育機関があり、入学試験を受けて入ります。卒業の頃にはGCE-Aレベルという全国統一試験を受験し、合格すると晴れて学歴の証明となります。

大学を受験しない生徒は、ファーザー・エデュケーション・カレッジという機関で、職業に従事するための専門的な資格の勉強をする、ということも可能です。

教育面でのイギリス留学のメリットと注意点

イギリスの教育制度は、日本と教育年数も違えば、求められている考え方そのものが違います。日本では、「良い大学にとりあえず入って、そこから将来を考える」という方も多いかと思いますが、イギリスをはじめとする多くの国では、「将来なりたい職業を考えて、その職業に就くために技術・知識を学ぶ」といった考え方です。そのため、能力や経験に合わせてコースを選べるので、どんなレベルの方でも自分に合ったレベルの勉強をできるというメリットがあり、そのためにコースなどは多様化しています。
将来を見据えて自分が学びたいものをしっかりと定めることや、具体的な目標を持って留学に取り組むことが必要になってきますし、学びたい科目によっても履修期間は異なるので、金銭面的にもどれくらい留学できるかなど、しっかりと計画を立てて臨まなければなりません。

そして、英語力。一定の英語力が留学するコースの基準に満たない場合は、まず語学学校に進学して語学力を身に付けることから始めるのも一つの選択肢です。

メールマガジンの登録

beoのニュースレターにご登録いただくと、留学や弊社サービスについて最新の情報を得られます。