B
B
E
E
O
O

イギリスの教育制度のここが良い!メリットとは?

イギリスの教育制度は早い時期から、将来を見据えた教育を受けられることが特徴です。ですので、学びたい内容を十分に明確にしてからイギリス留学に臨む必要があります。それには、英語力も必須なので、英語力に自信のない方は、語学学校に進学することから始めることがおすすめです。

日本と異なるイギリスの教育制度

イギリスと日本では、教育制度が全く異なります。
日本は、6-3-3年制に対して、イギリスは、5 歳から11歳前後まではプライマリー・スクールと呼ばれる初等教育機関の教育を受け、その後は16歳までセカンダリー・スクールに在学するという合計11年間の義務教育が設けられています。修了時点でGCSEという中学卒業検定に合格しなければ、次の教育機関には進めない仕組みです。
その後は、大学を希望する学生のための6th Formと呼ばれる、日本の高校と同等の教育機関があります。この学校に進学するには、入学試験があり、卒業のころにはGCE-Aレベルという全国統一試験を受験し、合格すると晴れて学歴の証明となります。
大学を受験しない生徒は、ファーザー・エデュケーション・カレッジという機関で、職業に従事するための専門的な資格の勉強をすることも可能です。

教育面でのイギリス留学のメリットと気をつけること

イギリスの教育制度は、能力や経験に合わせてコースを選べるので、どんなレベルの方でも、自分に合ったレベルの勉強をできるというメリットがあります。そのため、コースなどは多様化しています。将来を見据えて自分が学びたいものをしっかりと定めることや、具体的な目標を持って留学に取り組むことが必要です。
また、学びたい科目によっても履修期間は異なるので、金銭面的にもどれくらい留学できるかなど、しっかりと計画を立てて臨まなければなりません。
そして、一定の英語力も必要です。留学するコースの基準に満たない場合はまず語学学校に進学して語学力を身に付けることから始めるのも一つの選択肢です。