B
B
E
E
O
O

MBA取得におすすめ!「トリプルクラウン」の称号を持つイギリスのトップビジネススクール4選

どこでMBAを取得する?トリプルクラウン校とは?

キャリアアップやキャリアチェンジを考えている方から人気を集めるMBA(Master of Business Administration、経営学修士号)プログラム。企業の幹部職や経営のプロフェッショナルを目指す人を対象としており、アカウンティング(会計)やファイナンス(財務)、人事・組織戦略、マーケティングなど、実践的なビジネス知識・スキルを身に着けられる学位取得プログラムです。

MBAは日本国内で取得できますが、「外資系企業に就職・転職したい」「グローバルに活躍できる人材になりたい」などの思いから、海外の大学院へのMBA留学を目指す方が多いのではないでしょうか?

しかしながら、いざリサーチを始めてみると、どの国へ留学するか、どのビジネススクールへ出願するかなど、数多くの決断をする必要が。また、「MBA留学のため、2年間も離職して大丈夫だろうか」「海外で取得したMBAの学位を、日本で正当に評価してもらえるのだろうか」といった疑問や不安も生まれる可能性があります。

そこでおすすめなのが、「トリプルクラウン」の称号を持つビジネススクール。AMBA(Association of MBAs)、AACSB(Association to Advance Collegiate Schools of Business)、EQUIS(European Quality Improvement System)の3つの認証機関から国際認証を獲得したビジネススクールのことで、世界中のビジネススクールのわずか1%(約15,000校のうち約100校)がこれに該当します。これらトップビジネススクールの多くがイギリスにあること、そしてイギリスでは1年間のフルタイムコースでMBAを取得できることから、社会人のMBA留学先はイギリスが一推しです。

この記事では、トリプルクラウン校であるイギリスのトップビジネススクールを4つご紹介します。

Lancaster University(ランカスター大学)

ランカスター大学

イングランド北西部の都市ランカスターの郊外にキャンパスを構えるランカスター大学。イギリスの主要大学ランキング(The Times and Sunday Times Good University Guide 2022、The Complete University Guide 2023、The Guardian University Guide 2022)のすべてにおいて15位内にランクインしている名門校です。研究が盛んな大学として知られており、2021年度のResearch Excellence Frameworkでは、同大学で行われている研究の91%が “world leading”(世界を牽引している)あるいは “internationally excellent”(国際的に優れている)と評価されました。

MBAコースを提供しているLancaster University Management School(LUMS)は、2021年度のResearch Excellence Frameworkにおいて、“research power”(研究のスケールや質を表す指標)でイギリス第1位に選ばれたビジネススクール。フルタイム(1年間)のMBAコースに加え、働きながら学位取得を目指すビジネスパーソンを対象としたパートタイム(2年間)のExecutive MBAコースもあり、いずれも英エコノミスト誌の「Which MBA?」ランキングでイギリス国内トップ10にランクインしています。

ランカスター大学のMBAコースは、学生が能動的に学ぶ環境を重視しており、インタラクティブなディスカッションやグループワークを中心に授業が進められます。アカウンティングやファイナンス、マーケティング、オペレーションマネジメントなどの専門知識を身に着けると同時に、チームワークやプレゼンテーションなど、組織のリーダーに必要不可欠なスキルもを磨くことも可能。コンサルタントチームの一員としてKelloggやMicrosoftなど世界的大手企業が抱える課題に取り組む、という実践的な授業もあるので、卒業後のキャリアをより具体的にイメージできます。

ランカスター大学は、10月12日・13日(水・木)にオンラインにて開催される「beo大学・大学院留学フェア」に参加します。大学生活について知りたいことを、大学の担当官に直接聞けるチャンス!個別相談の枠には限りがあるので、ご興味のある方はお早めにご予約ください。

予約する!

University of Bradford(ブラッドフォード大学)

ブラッドフォード大学

イングランド北部の都市リーズから電車で約20~30分の位置にあるブラッドフォード大学。「卓越した教育、研究、そしてイノベーションを通して、持続可能な社会・経済の発展を推進すること」をミッションに掲げており、経営学や国際関係学、平和学、工学など幅広い分野でコースを提供しています。

MBAコースを提供しているブラッドフォード大学のSchool of Managementは、イギリスでもっとも歴史の長いビジネススクールの一つ。三大MBA国際認証(AMBA、AACSB、EQUIS)を有しているトリプルクラウン校であることに加え、2021年には名誉あるTimes Higher Education Business School of the Yearを受賞しました。この賞は、同大学が新型コロナウイルス流行期間中に学生や卒業生、地元企業に対して行った支援や経済・社会再生の推進などの取り組みが評価された証です。

MBAコースは、経営学についてオールラウンドに学べる通常のMBAコースと、Circular Economy(循環型経済)にフォーカスを当てた世界唯一のMBAコース(Innovation, Enterprise and Circular Economy)から選択が可能。いずれも遠隔学習(distance learning)を取り入れたパートタイムコースで、仕事や家事、育児とバランスを取りながら2~3年をかけて学位を取得できます。一方で、Executive MBAコースは、ブラッドフォード大学のドバイキャンパスにて提供されており、こちらも2~3年をかけて学位を取得できるパートタイムコースです。

通常のMBAコースとExecutive MBAコースは、必須科目でアカウンティングやエコノミクス(経済)、デジタルマーケティングなどの基礎知識を幅広く身に着け、選択科目で特定の分野や業界に特化して学びます。フレキシブルなカリキュラムを提供しているうえ、在学中のキャリアサポートも充実しているブラッドフォード大学のビジネススクールは、「仕事を続けながらMBAを取得してキャリアアップしたい」「プライベートともバランスを取りながら学習したい」とお考えの方に特におすすめです。

ブラッドフォード大学は、10月12日・13日(水・木)にオンラインにて開催される「beo大学・大学院留学フェア」に参加します。大学生活について知りたいことを、大学の担当官に直接聞けるチャンス!個別相談の枠には限りがあるので、ご興味のある方はお早めにご予約ください。

予約する!

University of Kent(ケント大学)

ケント大学

イングランド南東部カンタベリーにキャンパスを構えるケント大学。研究型大学として知られ、2021年度のResearch Excellence Framework(REF)において、 同大学で行われている研究の多くが “world leading”(世界を牽引している)あるいは “internationally excellent”(国際的に優れている)と評価されました。

Kent Business SchoolのMBAコースは、学生が実践的な知識や経営スキルを習得できると同時に、イノベーティブな思考を育めるようにカリキュラムが設計されています。1年間でMBAを取得できるフルタイムコース、あるいは働きながら2~3年で取得するパートタイムコースから選択が可能。コースの内容は共通しており、グローバル経済、戦略的マーケティング、人材管理、ビジネスアナリティクス、企業責任やサステナビリティなどについて学習します。さまざまな経歴やバックグランドを持つ学生が世界中から集まっているので、多様性に富んだダイナミックな環境で勉学に励むことができます。

2017年に建てられたKent Business Schoolの校舎は、講義室やセミナー室、グループワークのためのスペースに加え、PC室やカフェもあり、設備が充実。MBA生や大学院の研究生専用の部屋も用意されており、勉強に集中できる環境が整っています。学費が25%オフになる奨学金も複数あるので、学費を抑えてMBAを取得したい方にもおすすめです。

ケント大学は、10月12日・13日(水・木)にオンラインにて開催される「beo大学・大学院留学フェア」に参加します。大学生活について知りたいことを、大学の担当官に直接聞けるチャンス!個別相談の枠には限りがあるので、ご興味のある方はお早めにご予約ください。

予約する!

University of Reading(レディング大学)

レディング大学ヘンリービジネススクール

ロンドンから電車で約30分の位置にあるレディング大学。教育・研究の質の高さに定評があるうえ、産業界とのつながりも深いことで知られており、2022年度QS世界大学ランキングではイギリス国内トップ30にランクインしています。

1945年創立のHenry Business Schoolは、長い歴史を誇る、イギリストップレベルのビジネススクール。提供されているExecutive MBAコースは、英フィナンシャル・タイムズ紙の2021年度EMBAランキングにおいてイギリス国内で第7位、学生の満足度に関しては第1位に輝きました。

“Global” と “Flexible” という二つのルートから選べるExecutive MBAコースは、いずれもパートタイムで、21か月あるいは27か月で学位が取得可能。Globalのコースは、対面授業のほとんどがHenry Business Schooolで行われますが、アメリカや南アフリカへのStudy visit(研修旅行)もカリキュラムに組み込まれています。Study visitの内容は、現地の新興企業やNGOが直面している課題に直接触れ、チームやグループで解決に向けて取り組むというもの。ビジネスが社会に与える影響について理解を深め、学習したことを目の前で起きていることに適用するトレーニングを積むのが狙いです。

また、Henry Business Schoolは、ドイツやフィンランド、デンマークなど世界各地にキャンパスがあるのも特徴。他キャンパスで行われるワークショップに参加して世界中の学生とネットワーキングできるのも、大きな魅力の一つです。

レディング大学は、10月12日・13日(水・木)にオンラインにて開催される「beo大学・大学院留学フェア」に参加します。大学生活について知りたいことを、大学の担当官に直接聞けるチャンス!個別相談の枠には限りがあるので、ご興味のある方はお早めにご予約ください。

予約する!