B
B
E
E
O
O

【Covid-19 海外大学 最新情報】
コロナ禍で過ごす学生たちのブログが公開!英グラスゴー大学の現在の状況は?

創立から500年が経つ”Ancient University”、グラスゴー大学

スコットランド最大都市であるグラスゴーは、グラスゴー・カレドニアン大学(Glasgow Caledonian University)、グラスゴー芸術大学(The Glasgow School of Art)、そして、グラスゴー大学(University of Glasgow)がある学園都市です。

日本からの観光でスコットランドまで足を伸ばす機会は少ないかもしれませんね。グラスゴーは緑豊かな自然に恵まれており、音楽、芸術、スポーツ、グルメなど、どれをとっても魅力溢れるフレンドリーな街。 世界各地へのアクセスもよく、ヨーロッパの国々や国内の観光地として人気を集めています。

1451年創立のグラスゴー大学は、オックスフォード大学やケンブリッジ大学と並ぶ非常に長い歴史を持つ大学です。経済学の父といわれるアダム・スミス氏など、数多くの著名な思想家を生み出してきました。現在では、理学やヨーロッパ研究、 英語・英文学、スポーツなど、さまざまな分野で研究が注目されています。

コロナ禍でのグラスゴー大学の様子はどうなっているのか、現地の最新情報が届いたのでご覧ください。

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策情報 2021 特設サイト

Glasgow

パンデミックに負けない!グラスゴー大学の進化

イギリスでは現在、新型コロナウイルス感染症予防ワクチンの接種が順調に進んでおり、それに伴ってスコットランド政府も制限緩和の指標となるスケジュールを発表しています。

この指標に則り、グラスゴー大学では2021年4月から図書館の入場制限の緩和、学習スペースの解放、サークル活動の再開など、学生が通常のキャンパスライフに戻れるよう取り組みを始めています。パンデミックの最中に建設を終えていた James McCune Smith Learning Hub にも学生が入れるようになりました!

9月からの新学期には、オンライン&対面授業を組み合わせたブレンドラーニングの提供も予定されており、 ソーシャルディスタンスの確保はもちろん、消毒や清掃ももちろん強化しています。また、キャンパス内ではPCRテストセンターを運営し、学生&スタッフが気軽に検査を受けられる体制を整えています。

グラスゴー大学では、コロナ禍で学生たちがどのように学生生活を送っているのか、その様子をブログでを公開しています。 現役学生と直接やり取りできると直接連絡が取れる”Unibuddiesシステム”も利用できるので、気軽にコミュニケーション連絡を取とってみてはいかがでしょうか?

>現役学生たちはどう過ごしてる?ブログはこちらから!(英語サイト)

>学生たちに聞いてみよう!”Unibuddiesシステム”(英語サイト)

>グラスゴー大学はこんなところ(Youtube動画)

>グラスゴー大学の一員に!Team UofG!(Youtube動画)

 グラスゴー大学についてもっと詳しく

メールマガジンの登録

beoのニュースレターにご登録いただくと、留学や弊社サービスについて最新の情報を得られます。